ビアンコロール 成分

ありえない減量効果が期待できるビアンコロールの成分とは!?

 

ダイエッターの間で

 

「すごすぎ!」

 

「異次元っていっていい?」

 

等々、
ほぼ騒然といっていいほど話題となったビアンコロール。

 

 

あれよあれよという間に口コミで広まり、
一時期は入手できないほどだったということですが、
いったい、ビアンコロールの何がそんなにすごいのでしょうか?

 

 

もちろん、それは成分ということになるのでしょうけれど、
どのような成分が、どのような反応をもたらして、

 

減量効果へとつながっていくのか・・・
ぜひとも知りたいところですよね。

 

でないと、あまりに高い評判だと、
かえって疑わしく感じられてしまいます。

 

 

ビアンコロールの成分について詳しく知ることは、
評価がホントかどうかということだって判断できるようになれるでしょう。

 

そこで、公式サイトはもちろん、
栄養素についてのことなど、あれこれ調べてみました。

 

 

 

 

 

 

脅威の効果をもたらす?ビアンコロールの3大成分

 

 

まず、ビアンコロールに含まれている成分から見てみましょう。

 

主成分が三つあります。

 

@ホワイトキドニービーン 

 

Aレスベラトロール 

 

Bアサイー 

 

です。

 

 

順番にご説明しますね。

 

 

まず、ホワイトキドニービーン。これは、白インゲン豆のことです。

 

ビアンコロールの
「ビアンコ」は「白」を意味するのはご存じですよね。

 

つまり、3つの主うちでも、
メインと成分がホワイトキドニービーンと理解してもいいでしょう。

 

ダイエット情報に敏感な人なら、ホワイトキドニービーン、
つまり、白インゲン豆に強力な
減量効果があるといわれていることはご存じでしょう。

 

 

さらにいえば、2006年にテレビ番組で紹介された
白インゲン豆を使ったダイエットを実行した人の中に、

 

下痢や嘔吐などの中毒症状が出て
問題になったことも記憶にあるのではないでしょうか。

 

 

これは白インゲン豆に含まれる成分が
もたらしたものが原因となってはいるのですが、

 

それ以上に、十分に加熱しないなど、
用い方がきちんと検証されなかったことが原因のようです。

 

 

 

だから、ビアンコロールの成分に
ホワイトキドニービーンが使われているからといって、

 

 

即、中毒の危険がある!!と考えるのは、
方向がずれてるってことになるんですね。

 

 

サプリメントとして開発する際には、
摂取することによって危険性はないかどうか

 

 

ということが何よりも重んじられ、
そのためには徹底的な分析と臨床試験などが繰り返されます。

 

ですから、ビアンコロールの主成分が
ホワイトキドニービーンである事実を、恐れることはありません。

 

 

 

 

 

 

ホワイトキドニービーンで食べなかったことにする?!

 

さて、このホワイトキドニービーンについて、もう少し詳しく見てみましょう。

 

ホワイトキドニービーンには、
極めて小さいナノサイズの空洞が無数にあり、

 

これが脂肪や糖質などを強力に吸収し、
外に排出してしまうといわれています。

 

さらに、成分としての効能にアプローチしてみましょう。

 

 

ホワイトキドニービーンにはレクチンという
物質の一種であるファセオラミンという成分が含まれています。

 

 

このファセオラミンは、体内においてアミラーゼという
酵素の働きを阻害する働きをすることがわかっています。

 

 

酵素の一種であるアミラーゼは、
大根おろしなどに含まれていますが、
主に糖質の消化・吸収をする際に必要です。

 

 

また、脂質の消化・吸収にもアミラーゼが欠かせません。

 

こうしたアミラーゼの働きを阻害するということは、
糖質や脂質が消化・吸収できなくなるということになりますね。

 

 

つまり、思いっきり簡単に言ってしまえば、
ビアンコロールの主成分である

 

ホワイトキドニービーンのファセオラミンという成分のせいで、
食べたものがほとんど吸収されずに排出されてしまうといわれているのです!

 

 

特に、ごはんやパン、パスタ、スイーツ、
脂っこい揚げ物などなど、糖質と脂質が、
食べても食べなかったことになってしまう?

 

くらいのことみたいですね。

 

 

しかも、ホワイトキドニービーンは、
腸内に溜め込んだ老廃物など不要なものも、
ごっそり外に出してしまうといわれています。

 

 

太りやすい人は、たいてい腸内環境が劣悪なんですよね。

 

 

食べたものをスムーズに排泄しない腸は
どんどん汚れて、ますます排泄機能が低下。

 

どんどん溜め込む悪循環に陥ってしまいます。

 

 

しかも汚れた腸というのは、
いわゆる悪玉菌が増えてしまい、有害なガスが発生したりもします。

 

 

ビアンコロールに含まれる
ホワイトキドニービーンの成分が腸をきれいにしてくれるということは、
健康で痩せやすい体質へ近づくことができると考えてもいいでしょう。

 

 

 

強力な助っ人となる2大成分とその働きとは

 

このような働きをサポートするのが、
レスベラトロールとアサイーです。

 

 

レスベラトロールは赤ワインなどにも
含まれているポリフェノールの一種。

 

ポリフェノールには抗酸化作用があるため、
もっぱらアンチエイジングには欠かせない成分ということで認知されていますね。

 

 

でも、レスベラトロールには抗酸化作用の他にも、
体内に蓄積した脂肪を分解して小さくする働きがあるのです。

 

 

そして、ミラクルフルーツといわれ、
抗酸化栄養素が群を抜くほど多く含まれているアサイーには、
細かくなった脂肪を燃焼させる働きがあると考えられています。

 

 

つまり、レスベラトロールが体内の脂肪を分解して細かくし、
その細かくなった脂肪がアサイーによって
効率よく燃やされエネルギー化されていく、ということなんですね。

 

 

ビアンコロールは、ホワイトキドニービーン、レスベラトロール、
アサイーという3大成分が、それぞれ協力し合いながら、
肥満の元凶である糖質と脂質にアプローチするというわけなのです。

 

 

こうして見てみると、なるほど、驚異的!

 

というほどの感想や評価が出てくるのが、なんとなくわかりますね。

 

 

もちろん、それはあくまでも個人の感想でしかないし、
結果にしたって、体質によってかなりの個人差は出てくるのは当たり前ですよね。

 

 

もともと体重の多い人だったら、
3キロくらい減ったところで、

 

「なにこれ、たいしたことないじゃない」

 

ということになるでしょうし・・・

 

 

50キロくらいの人にしてみたら、憧れの40キロ台になるわけだから、

 

「すっごい効果があった!」

 

と感じるかも知れないですしね。

 

 

いずれにしても、ビアンコロールの成分を調べてみたところ、
なるほどこれなら、と感じたのは確かです。

 

最後にもう一度、ビアンコロールの
3大成分がどのような働きをするのか、簡単にまとめておくことにしましょう。

 

 

 

まず、主成分のホワイトキドニービーン。

 

これは日本名の白インゲン豆のことです。

 

 

ホワイトキドニービーンは多孔質
(小さな穴が無数にある)の構造をしており、
糖質や脂肪などを強力に吸収して排出する働きをします。

 

 

さらに、ファセオラミンという成分が
アミラーゼ酵素の働きを阻害するため、

 

食事から摂取した糖質や脂質を
消化・吸収しずらくし、体外へと排出してしまいます。

 

 

また、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールが
体内に蓄積された脂肪を分解し、細分化して燃焼しやすい状態にします。

 

さらに、アサイーが細かくなった脂肪を効率よくエネルギー化。

 

これらの働きにより、無駄なものを体内に入れず、
さらにすでにある脂肪をエネルギー利用することで、

 

燃焼体質へともっていき、その結果、
減量効果が得られる可能性がある!!というわけです。

 

 

ちなみに、ホワイトキドニービーンやレスベラトロールは、
世界的に有名な科学雑誌などでも取り上げられています。

 

 

今や、健康と美容、
そしてアンチエイジングは世界的な課題です。

 

 

太りすぎが多くの病気の原因となることを思えば
単に美的ダイエットに留まらないのです。